介護療養型医療施設の概要

介護療養型医療施設は、介護サービスと医療サービスを同時に受けられる医療施設のことを指します。
この施設の大きな特徴は医療スタッフがいることにより介護施設では不可能な医療サービスを受けられるという点にあります。
病院は治療を目的としているのに対し、当施設は療養を目的としており、どちらかと言えば特別養護老人ホームのような介護に重点を置いた施設であると言えるでしょう。
医療や看護サービスも一緒に受けられることから入所希望者も多い施設になっています。
介護療養型医療施設には、療養病床と老人性認知症疾患療養病床があり、長期に亘る介護ケアや医療ケアが必要な場合にのみ入所が許されることになります。
療養病床では介護や医療に加え、リハビリサービスも受けることが可能で、老人性認知症疾患療養病床では患者の精神的、身体的サポートを行うのが目的となっています。

入所の資格は、まず要介護度が1以上であること、原則として65歳以上であること、そして医学的措置が必要であることです。
したがって65歳以上であっても要介護度の認定を受けていなかったり医学的措置が不必要であったりする場合には入所が認められないケースもあります。
また、これらの入所資格があったとしても病床に空きが無いケースも多く、そのため入所を諦めなければならないこともしばしばあります。
自宅での介護が諸事情により不可能である場合には、医師や病院などに相談してみることをお勧めします。


□管理人推奨サイト
東京中野区にある療養型病院のサイトです → 療養 病院

Copyright © 2014 介護療養型医療施設ってなに? All Rights Reserved.